1. >
  2. >
  3. 鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザ


カモ

鳥を媒介して広がるインフルエンザウイルス

鳥インフルエンザは無数にあるインフルエンザウイルスの種類の中で、鳥を媒介して広がるという特徴のあるものです。
正確には「A型インフルエンザウイルス」に分類されるもので、これらは野生のアヒルや鴨といった水禽類に多く感染します。
ウイルスは腸管内で増殖するということも特徴で、そのため感染した鳥が糞を周囲に落とすことによりどんどん感染が拡大していってしまいます。
鳥インフルエンザにも二種類があり、鳥にとって毒性が強いものを「高病原性鳥インフルエンザ」、比較的毒性が弱いものを「低病原性鳥インフルエンザ」と呼んで区別しています。
「高病原性鳥インフルエンザ」は水禽類の他にニワトリやうずら、七面鳥といった家畜として飼育されることが多い鳥にも感染してしまうので、もし病原菌が畜舎に入り込んでしまった場合にはその中にいる鳥達に莫大な影響を及ぼすことになってしまいます。
鳥だけでなく人間にも強い感染力を持つタイプのものもしばしば登場してきており、最近の事例では1997年に発生した香港のH5鳥インフルエンザでは人18名が感染しそのうち6名が亡くなるという大きな被害が報告されました。

人に感染するウイルスが登場してきています

これまでも鳥の間で感染が広がるインフルエンザウイルスの存在は確認されてきましたが、人間に感染が広がる可能性は低いとしてそれほど重大な感染経路とはされてきませんでした。
しかし1997年香港の事例だけでなく、2003年の同じく香港や2006年のインドネシアといったように頻繁に高病原性鳥インフルエンザと人への感染事例が確認されてきており、今後も発生してから拡大がないように十分に注意をしていかない状況が続きます。
感染が確認された場合には家畜ならば畜舎内全ての鳥を廃棄・殺処分することになってしまいますし、水禽類ならその鳥が多く飛来する湖や河川への入場が制限されることになります。
いずれにしても一度感染してしまうと重篤化しやすい病気なので、発生に関する警告は毎年チェックしておくようにしたいところです。