1. >
  2. >
  3. マラリア

マラリア


世界100カ国以上で見られる発熱性感染症

マラリアは熱帯地域に多く見られる感染力の強い病気です。
感染が発見された国は世界に100カ国以上あり、WHOの推計では毎年3億~5億人程度が感染しているとされています。

感染者で死亡する人数も非常に多く毎年のマラリアによる死者数は世界で数百人とも言われているため、ありふれた病気ながらも予断を許さない状況が続いています。

最も感染者数が多いのは病原菌を媒介するハマダラカという蚊が多く生息する赤道付近で、特にサハラ以南のアフリカや東南アジア~南アジア、中南米地域の危険度が高くなっています。

マラリアが怖いのはウイルスではなく寄生虫による病気であるという点です。
マラリアを媒介する虫のことを「マラリア原虫」と言いますが、原虫である蚊から吸血をされることで体内に卵を産み付けられ寄生されることにより発症します。

マラリアは人だけでなく動物にも感染することがわかっており、どのような動物に感染するかによって症状も異なってきます。

人間に感染するマラリアの場合、「熱帯熱」「3日熱」「4日熱」「卵型」という4種類に分流されます。
日本においては直接感染が起こるという事例は報告されていませんが、発生地域がかなりの広範囲となることから海外旅行に出かけるときには十分に症状に注意し、入国の際に検疫を受けることが望ましいです。

マラリアに感染したときに起こること

マラリアを完全に予防することができるワクチンは残念ながら現在開発されていません。
そのため感染対策として最も有効となるのは予防をするということになれいます。

マラリア原虫は親が動物の皮膚から吸血をするとまず血液中に卵が入り込みます。
卵は血液中の赤血球に好んで寄生をし、成長していくに従って赤血球を次々と破壊していきます。

赤血球が多く破壊されることにより発熱が起こるようになり、同時に貧血や黄疸といったことも症状として現れます。
その後も放置されると肝臓や脾臓といった血液循環に関わる臓器の機能が破壊されて腫れが起こり、血液内の血小板が減少していきます。

マラリアの中でも最も症状が重くなるのが「熱帯熱マラリア」で、進行することで腎臓や脳といった生命維持に直結する器官に障害を引き起こします。

重篤化の目安となるのは発症してから治療が行われるまでの期間で、発症後6日以内に正しく治療を受けられれば致死率は大きく減少します。

ですのでもし熱帯地域への滞在中やそれらの地域から帰国したときに高い熱が見られていたら、何をおいてもとにかく早く治療を受けるようにしてください。

その際には必ず診療をする機関で自分が直近にどういった場所に出かけたかということを伝えるようにしましょう。