1. >
  2. >
  3. ハムスターを育ててみよう

ハムスターを育ててみよう


えさを食べているハムスター

昔から馴染みぶかいハムスター

最近は様々な風変わりな小動物がペットショップで販売されていますが、ハムスターは小動物の中でも昔から馴染みがあり、比較的飼育が簡単です。
小さいため飼育スペースも少なくて済み、鳴いたりすることもないので、マンションなどでの1人暮らしのお伴にも、最適といえるかもしれません。

キュートな姿には似合わない気性の激しさ

気をつけたいのは小さいからと、何匹も一緒に同じゲージで飼わないことです。
ハムスターは小さくキュートな姿の割に気性が激しく、お互いを攻撃し合って、あの鋭い歯で噛んだり、人間にも噛み付くことがあります。

そのため、基本は1匹ずつの単独飼育がおすすめです。
初めて飼われる方の中には、1匹だと可哀想と仰る方もいますが、まずは1匹からはじめてみましょう。

室温は20度以上25度以下

飼育する上で何より気をつけたいのは温度です。
ハムスターはあの小さな体です。気温が下がり過ぎると風邪を引いて、あっと言う間に死んでしまうこともあります。

適温は20度以上卯とされ、10度を下回ると冬眠状態になり、中には衰弱して、そのまま死んでしまうこともあるので注意しましょう。

秋から冬、春先にかけてはペット専用のヒーターをゲージに設置し、20度以上に保ち、快適に過ごさせてあげなければなりません。
また、猛暑も体に応えるので、夏場は直接エアコンの風が当たらないように冷房をかけ、25度前後に保ってあげるといいでしょう。

ゲージ以外で用意してあげる物

飼育にあたり用意すべきものは、ゲージ・ヒーター・床材・エサ入れ・吸水器・かじり木・巣箱・巣材などです。
ペットショップで、スタッフの方に一式揃えてもらうのがおすすめです。

夜行性のため、食事は夜を中心に1日1回から2回与えますが、小さいので一度に大量には食べません。
ちょこちょこ食べる習性もあるので、新鮮なエサを常に切らさないよう心がけましょう。

エサはハムスター専用フードをメインとして、副食や補助職として小松菜・キャベツ・ニンジンなどの野菜やリンゴなどの果物を小さく切って与えます。
また、動物性たんぱく質の補給も大切なため、ハムスター専用のチーズや煮干しなどもたまに与えてあげてください。

飼育するうえでは可愛がりたいというのが、飼い主というものです。
ハムスターは臆病で警戒心が強いので、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。
急に触って驚かせたり、怖がらせたりせず、手からエサを与えるなどのスキンシップを取りながら距離を縮めていきましょう。

また、ハムスターは実は視力はあまり発達していないので、急に手で抱いたりすると、危険を感じて噛み付かれたり、極度に怯えてしまうことがあります。

ポイントは名前を呼ぶなり必ず声かけをしてから、下から包み込むように両手で抱き上げることです。