1. >
  2. >
  3. 株式会社アニマル・ワン

株式会社アニマル・ワン


子犬

福岡県久留米市で小規模ながらペットフードを製造している会社アニマル・ワンです。
「人間も食べることが出来る」というコンセプトの基に、原料の国産や自然食品で無香料や無着色および保存剤不使用にこだわり続けてペットの健康を守る努力をしています。

原料国産へのこだわり

日本政府農林水産省の減反政策で多くの良好農地が遊休農地へと変化する一方、日本の農産物の自給率は50%にも満たない状況で、天災や戦争の影響で外国からの安全な農産物の輸入が止まった場合を考えると背筋が寒くなる思いです。
せめて少しでも農地を荒らさないために、また可愛いペットに日本産の安全な原料を用いるために国産にこだわるのです。
国産の場合は供給して貰う人の顔も見えるのが何よりもの安心事項です。

無香料へのこだわり

アニマル・ワンのフードは出来るだけ自然のものを犬や猫にも与えたく無香料にこだわっているため、最初のうちは犬も猫もなかなか食べようとしないのもいるかも知れませんが、その場合はこれまでのフードに混ぜて少ない量からだんだん多くして行きますとよく食べるようになります。

犬の食事

ペットはどのペットでも同じですが特に犬は結構頭が良いので、最初のしつけは大切です。
小さい時からきちんとしつけますとそれを守ることを当然のように思いますから、食事に関しても飼い主よりも先には許しの無い限り食べられないことはしつけるべきです。
1日の決まった時間に食事を与えますと身体全体が食事をベースに生活をするようになり健康状態も容易に判断できるようになります。
オヤツは一緒に遊んだ時に、何かの動作のご褒美の恰好で少しだけ与えるとよいでしょう。
ご褒美の時はアニマル・ワン社の贅沢なジャーキー類から選ぶのも犬の楽しみとなるでしょう。
とにかくフードが犬の目の前にあっても、飼い主の許しがなくては食べないようにしつけることは、身の安全の面からも大切なことです。

健康状態を知るには体重や体温や糞の状態を観察すれば分かりますが、糞の状況は一目見るだけで分かりますから気を付けておくと便利です。
一般的には普通の糞より柔らかくなるにつれて消化器系の調子が悪いことを示しますから、その時は犬の消化器官が消化し易い高タンパク質のフードを与える事です。
エブリワンシリーズが高タンパク質としてお勧めです。

また食事の内容をこれまでの家庭で作っていたものからペットフードに替えたり、ペットフードの種類を替えたりした時はよく観察し、食欲が減少したり糞の様子が変わった時は、これまでの食事に新しいフードを少し混入して様子を見る事です。
アニマル・ワン社のペットフードは自然材料の混合を種々替えていますし、ドライおよびウェットタイプのものがありますから、犬によって好みは違いますが合ったフードは見つかるはずです。
糞と食べ残しが犬の食事のバロメータと考え、与えるフードの量や質を工夫して下さい。

フードを与える時は量に配慮

アニマル・ワンのペットフードはペットの健康第一をモットーに、天然自然の素材が使ってあり素材の種類や混合の割合を様々に変えたものが用意されていますので、ペットの体調によって適切なものが見つかります。
また原料素材は顔の見える国産品を使ってあり人でも食べることが出来るほどのフードですから安心して与えて結構ですが、量についてはペットの様子を観察して適量を与えて下さい。