1. >
  2. >
  3. デビフペット株式会社

デビフペット株式会社


ライオンとオオカミ

1981年新潟市でペットの健康づくりを目的としたペットフードの製造販売を行なう、デビフペット株式会社が発足しました。
創立以来会社がこだわっている事は、ペットの健康に良くしかもペットが美味しく食べること、また年齢や体調に合わせて色々なフードを与えられるように種類を揃え、作る手間を惜しまずよい品質のペットフードを作り続けることです。
ペットは自分でフードを選ぶ事ができませんから、飼い主がペットとの交流を通じてホントにペットが好むフードを選ぶようにして下さい。

犬と猫の違い

最近テレビで野生動物の生活状態をよく見掛けますが、オオカミの様な犬類は集団行動をとりリーダーが統率して狩りをしていて、ライオンやヒョウの様な猫類は単独行動で狩りを行い、自分の家族で食べるだけのものを食べるとそのまま餌を残したまま立ち去っています。
この事からも分かるように、犬は飼い主がしっかりしていればリーダーとして認めその命令に従いますが、猫は自分勝手で飼い主の命令などはそっちのけです。
しかし言いつけではなく習慣をつけると犬も猫も同じように習慣を守る性質はありますので、犬には言いつけと習慣を、猫には習慣を守らせるようにしつけをする事です。

食事とトイレが生活の基本的な事項ですが、犬にしても猫にしてもやはり常に清潔な所が大好きですから、場所を決めて食事やトイレが終わると直ぐに清潔にしてやれば、決まった場所で行なうと気持ち良い状態の中で食事やトイレができるものだと納得して、習慣付きます。
どちらも1年経てば大人ですから、食事は朝と夕の2回与えて、後は一緒に遊んだ時や何かあった時にオヤツを少量与える習慣をつけることです。

デビフペットフードのこだわり

何よりもペットが喜んでおいしそうに食べるフード、その様子を見て満足する飼い主を思い浮かべながら念を入れて作っています。
感覚としては飼い主がペットのために手作りで美味しいものを作りたいが、材料を集めたりクッキングをするのに手間がかかるのでその代わりにデビフが作ると言うものです。
ですからTPOに合わせて飼い主がペットとコミュニケーションをしながら、その時に最もピッタリのフードを与えることが出来るように、総合栄養食を始めとしてダイエット食やアレルギー対応食などの目的に対して、水分を含んだソフト食やカリカリ感覚のスナック食にして、種々の要望に応えられるようにしてあります。

ペットの健康づくりに貢献

健康を維持するためにはフードの素材が安全安心できるものでなければなりません。
また忘れてならないことは、飼い主とペットとのコミュニケーションを充分にとって、常にペットの健康状態を正確に把握することです。
その上でペットケア別になっているペットフードを適切に選択してください。
デビフペット社は使用素材の厳密な選択から始まり、最終工程で出来上がったフードまでしっかりと検査して、安心できるパッキングをした上で提供しますので、ペットの健康づくりにも貢献していることは確かです。