1. >
  2. >
  3. アイリスオーヤマ株式会社

アイリスオーヤマ株式会社


市井に住む人たちの快適生活を実現する事をモットーに、1958年東大阪市に創立された大山ブロー工業所が、業務の拡大に伴って1989年本社を仙台市に移転、1991年に現在のアイリスオーヤマ(株)の社名となりました。
快適生活を行なうために必要な家庭生活用の電気製品や収納器具および調理器具などの他、生活をなごませる園芸用品やペット用品さらにペットフードなど、取り扱っている商品は多岐にわたっている点が特長です。
またグローバルな事業展開をすでに進めて、中国やアメリカにも事業所を拡げています。

ペットに対する考え

ペットはもはや家族の一員であり、ペット自身も飼っている家族もさらに家族を訪れる人にとっても、すべてが快適に思うような環境が大切だと考えた事業を展開しています。
ですから人間サイドから見ての生活の楽しみを追求するだけでなく、ペットも心地よい生活ができるような道具や食べ物を研究し考案して商品とし、人よりも贅沢だなと思わせるものもあり、ペットが羨ましくなる人も出て来るのではないでしょうか。
また対象のペットも犬や猫だけでなく、ウサギやハムスター用の道具や食べ物も用意されています。
ペットフードのカタログを見ると、缶詰やドライフードまでは想像しても、レトルトやフリカケさらにオヤツまであって、しかもその種類の多いことに驚きます。
ペットの血統品種や年齢や体調によって選べるようになっており、これらをホントに理解しながら読んでいくと半日は充分掛かります。
それほどアイリスオーヤマはペット思いであることが理解できます。

犬猫用ペットフード

一般的に幼犬と大人の犬およびシニア犬とに分け、フードには缶詰とドライフードさらにオヤツとご褒美が一緒になったものに分けられ、その上特種犬および犬の肥え過ぎやビタミン不足などの症状によって選ぶ事の出来るフードが揃えてありますから、百種類以上の製品があります。
飼っている犬の種類あるいは血統と年齢やこれまでの育て方によって、肉類を多くするとか野菜類を含んだものにするとかを考慮して選ぶ事ができます。
犬は結構食べ物にうるさいペットですから、同じものばかりでは飽きてしまうようで、この点を考慮した日替わりフードも用意してあるのが大変ユニークで、犬の性質をよく研究してあると感心します。

猫は血統種類の違いによるフードの分類はあまりうるさくないのでしょうか、年齢によるフードがはっきりしていて、離乳期から12か月までと1歳から6歳までの成猫、またシニアも7歳から12歳までと13歳以上のシニアの2段階に分かれ、合計で4つに分類してあります。
また猫特有の腎臓病や肥満症になる事を防ぐキャットフードも色々な種類が準備してあり、至れり尽くせりの感があります。

小動物用フード

ウサギ用フードは干し草ベースで尿のにおいを少なくする薬品を配合したもの、およびハムスターやリス用の木の実と野菜混合のフードもあり、会社のペットを思いやる気持ちが伺われます。