1. >
  2. >
  3. マース ジャパン リミテッド

マース ジャパン リミテッド


1947年アメリカで食品製造と販売を目的に創立し、最初はチョコレート事業からスタートして、現在はペットケアに関しては世界に誇るウォールサム研究所をイギリスに持っており世界中で活動している企業がマース社で、その日本支社がマースジャパンリミテッドです。

ペットケアへの思い入れ

ペットケア製品の本部はベルギーにありますが、イギリスには世界的にペットの栄養学をリードしているウォールサム研究所があり、北米には800ヶ所以上の動物病院を経営しており、ペットの栄養と健康に関するこれらの研究所や動物病院の情報を基に、ペットフード製品を開発作成しています。
現在では世界中70ヶ国以上にペットフードの販売拠点があり、ペットとの生活を楽しむ人々がペットの健康維持に適した製品を使っています。

犬や猫は皮膚と被毛の健康維持を考えなければ、何時も美しい容姿を保つことが出来ません。
そのためには身体の他の部分も健康であることが大切で、バランスのとれた栄養素を含んだペットフードが必要です。
また歯に対するケアを考えますと、人間と同じように歯磨きの出来る食べ物も与える必要があります。
さらに避妊や去勢をしたペットは、往々にして食欲旺盛で太りがちになりますから、このためのケアが必要です。
このような事項を研究所や動物病院で研究と追跡を行ない、食べ物をより良い製品にするのは何よりのペットへの思いやりでしょう。

犬の食事

犬にとって消化性の良い食べ物は動物性のタンパク質で、穀類の消化はあまり良くありませんが米だけは消化しにくいグルテン酸を含んでいないため、炭水化物を摂る目的には適しています。
また犬によい脂肪酸を含んでいる油類はひまわり油や鶏の脂などです。
犬にとって食べ物が合わない時は、少食になったり便が柔らかくなったり元気が無くなったりするので、その時はアレルギーや消化不良あるいは何かの病気になっていないか疑う事です。
食べ物を替える事で症状が治れば原因はフードであることが分かりますが、それでも症状が続く時は動物病院に連れて行くことです。

マース社では各種の犬に関する健康や食事および病気などを研究していますので、それぞれの犬に適合したペットフードが用意されており、犬の種類や年齢それに体の太り具合など、飼い主がよく様子を観察した上で適切なフードを選べるようになっています。

猫の食事

最近ロシアで猫と偽ってライオンの仔と一緒に汽車で旅行した事件が問題となりましたが、それほど猫とライオンは同じような食べ物を食べる動物で、日本の猫といえどもほぼ完全な肉食であるのが特徴です。
猫は人間と同じようにそれぞれ好き嫌いがはげしく、確かに魚類が好きな猫が多いのですが、肉類が好きな猫もいますのでペットフードの色々な種類を食べさせてみて猫の反応を見るのも良い手段です。

猫も太り過ぎは健康に良くありません。
ですから、体重のチェックと共に腹の下の脂肪分や肋骨部の肉厚などにも気を付けて、太り過ぎの時は、運動をさせたり食事の制限をしたりして適切な体重を保つようにしましょう。

マース社の猫用フードは、猫の身体が要求する動物のタンパク質を多く含み、また猫によく起こる尿路結石への配慮をして起こりにくいアミノ酸やミネラルを配合してあるのも特長です。