1. >
  2. >
  3. 去勢をするメリットとデメリット

去勢をするメリットとデメリット


寝ている犬

望まない妊娠を避けるために

犬は生後8ヶ月くらいから性成熟期が始まります。
これは人間で言うところの第二次性徴期にあたるもので、それまでの子犬っぽさが消えて急激に成犬らしくなりメス犬では陰部が腫れて出血する生理が起こってきます。
オス犬も発情期を迎えるようになり性格が攻撃的になって外出時に他のオス犬に対して吠えたりするようになったり、頻繁にあちこちにマーキングをするようになってきます。
もしこの時期までに去勢・避妊の手術をしていなかった場合には、一緒に飼っている犬や外出時に出会った犬と交尾をして妊娠をしてしまうこともありますので十分に注意をしておきたいところです。
猫の場合は完全に家猫にしていればよいですが、普段は外に放し飼いにしているという時にはオス同士でケンカをしたり妊娠をさせられたりするので「まだまだ」と思わず早めに対策をしておきましょう。
犬にしても猫にしても1回あたりの妊娠で5~6匹は当たり前に出産してしまいますので、その里親探しももちろん親猫の飼い主さんの責任です。
去勢や避妊をする最大のメリットはこうした望まない妊娠を避けることができるということです。

去勢・避妊は病気予防にもなります

去勢・避妊のメリットは妊娠予防だけではありません。
犬や猫の生殖器や関連する臓器は病気になりやすく、また一度かかってしまうと慢性的な病気となってしまうことがよくあるからです。
犬の生殖器の病気として、オス犬ならば精巣腫瘍や前立腺疾患、肛門周辺の腫瘍といったものがありますし、メス犬なら子宮蓄膿症や乳腺腫瘍などが代表的です。
若い時期には繁殖をさせるために出産経験のある犬であっても、高齢になってからこうした生殖器の病気を予防するために手術を受けるということもあります。
ただし術後すぐの時期にはそれまで体内に分泌されていた性ホルモンが急激に出なくなってしまうことにより体調を崩したり、肥満になってしまったりするということもあります。
大きな体質変化となりますので手術を受ける時にはかかりつけの獣医さんと相談の上、適した時期を見極めるようにしていきましょう。

去勢・避妊をするデメリット

今やほとんどの飼い主さんが行っている去勢・避妊の手術ですが、全くデメリットがないというわけではありません。
まずデメリットとして挙げられるのが全身麻酔を使用しての手術となるので、麻酔による危険性があるということが挙げられます。
さらに先にちょっと説明したように急激な体質変化が起こるため術後すぐの時期にはどうしても太りやすくなったり何かと体調を崩しやすくなったりします。
それと手術は保険の対象にならないことが多いので、飼い主さんにとって経済的負担になってしまうということもあります。
メリット・デメリットがいろいろあるのが去勢・避妊の手術ですが、全体的に見ればやはりメリットの方が多いと言うことができます。
手術自体は1日で終わり数日でキズも治るので、最寄りの動物病院に予約をして施術を受けてください。