1. >
  2. >
  3. 猫の飲水量を増やすコツ

猫の飲水量を増やすコツ


猫

水を飲まないことによる悪影響

動物病院を受診する猫たちのうち、ここ最近急激に増えているとされているのが「尿結石」や「膀胱炎」といった尿に関する病状です。
さらにこれらの症状が進行すると腎不全のように慢性疾患になってしまうこともあり、家猫にとっては飼い主が十分に気をつけないといけない病気の一つとなっています。
こうした尿排泄に関する病状に直接関係しているのが日常の水分摂取量です。
同じ哺乳類である人間も腎臓から膀胱への尿の排泄経路がありますが、普段の食生活や生活習慣によってこの経路の機能が落ちてくると体の中の老廃物を上手に排泄することができなくなり体内に多くの悪影響を及ぼすことになってしまいます。
しかも猫の場合、食生活の基本が肉食であるため食品から水分をとることが難しくなっています。
猫は人などに比べ水を飲まなくても平気な体質をしているとはいえ、長期に渡り水分をとらない生活をしていると病気になってしまうリスクは数段高まってしまうことになります。
猫が水分をとることによるメリットとしては、尿の濃度を薄めることができることによる尿結石や膀胱炎の予防があります。
尿の量が少ないというと飼い主にとって大きなメリットのようですが、それを長期に続けてしまうと飼い猫の体に大きなリスクを与えてしまうということは理解しておいてもらいたいところです。

水でなくても水分摂取は可能です

そうは言っても自宅で飼育をしている猫たちは自分から水を飲もうとはしてくれません、という悩みもよく聞かれることです。
猫は本能的に水を嫌う動物なので、水が多くある場所を本能的に避けたくなるということも十分にあります。
もし自分から水を求めてくれないという猫なら、発想を変えて水ではない他のものから水分を得られるようにするというのはどうでしょうか。
猫の餌としてはドライフードであるカリカリのキャットフードが一般的ですが、そこに水を含めて柔らかくしたりして加工をするということが水分摂取の方法になります。
ドライフードだけを与えて飲む水分量を計測したという場合と、フードに水分を適度に含めた場合との比較をした研究もあります。
そうした比較では全体的に食品に含ませた方が接種する水分量が増えるという結果も出ています。

意外に敏感な猫の感覚

飼い猫の感覚は長年猫を飼育しているという人にとってもなかなか理解できないところがあるものです。
普段から多頭飼いしているという場合には犬や他の動物との共有容器を使用しているということもあるかもしれません。
ですが動物たちの嗅覚というのは非常に敏感であり、ちょっとでもほかの動物の臭いがついているとそれだけで拒否反応を示してしまうということもあります。
猫の飲水量を増やすためには、あまりほかの動物との距離を近づけずに独自の容器にするようにするのがおすすめです。