1. >
  2. >
  3. 「嘔吐」と「吐出し」の違いについて

「嘔吐」と「吐出し」の違いについて


口をあけている猫

飼い始めて初めてわかる大きな苦労

ペットの写真や動画を見ているととてもかわいくすぐにでも手元に置きたくなってしまうところですが、実際に飼い始めてみてから初めて生物の命を預かるという苦労を感じることがたくさんあります。
中でも「こんなに大変だと思わなかった」という声が大きいのがペットの下の世話と、もう一つ嘔吐・吐き出しです。
犬や猫というのは人間に比べてとても嘔吐しやすく、室内で飼育をしていた犬や猫が気が付いたら大切なカーペットやベッドの上でものを吐いていたということも頻繁に起こります。
人間は胃腸の調子を崩したりしたときにだけ嘔吐ということをしますが、犬や猫の場合は必ずしも体調を大きく崩したときにだけ嘔吐するのではなく普段からの体調管理の一つとしてものを吐くことがあったりします。
厳密には「嘔吐」と「吐き出し」という二つの状態で区別をします。
「嘔吐」とはものを食べたあと胃の中に入ってから吐き出す場合で、「吐き出し」とはものを食べてから胃に到達する前に出してしまうという場合のことを指します。
「嘔吐」か「吐き出し」かは出されたものを見ると素人でも簡単に判断することができるので、もし頻繁に吐かれるようなら内容物を見てその原因を考えてみてください。

嘔吐の原因と吐き出しの原因

食べたものが一旦胃に入ってから出される「嘔吐」の場合、体内で起こっている異常として考えられるのは人間の嘔吐と同じ胃腸の病状です。
胃や腸が弱っていてうまく消化をすることができなかったり、内臓に腫瘍ができていたりするとうまく食べ物を吸収することができず吐き出してしまうことになります。
嘔吐が起こるときにはしばしば下痢も併発しているので、様子をしっかり観察して動物病院で獣医さんに説明をしてください。
または与えた食べ物が腐っていたり、犬の体的に受け付けないものであったときにも嘔吐は起こります。
突然吐いたときには直前に何を食べたかも調べてみてください。
一方の「吐き出し」は胃に入る前に食道の途中で逆流をすることで起こります。
この原因として考えるのは、単純に飲み込むのに失敗したというケースから、食道に腫瘍や炎症ができているという場合、もしくは甲状腺機能の低下や重力筋無力症のようにものを噛んだり飲み込んだりする機能に異常が起こっていることなどです。
ただ胃に入る前に出される食べ物はほとんど最初の状態と変化がないことも多いので、いったん自分が出した吐しゃ物をもう一度食べようとするという行為もよく見られます。

頻繁な嘔吐症状は重篤な病気のサイン

嘔吐や吐き出しが頻繁に起こり慢性化している場合には、重篤な病気が隠れていることも考えられます。
最も多いのは胃腸炎や胃潰瘍、幽門狭窄、腸閉そくといったものですが、胃腸とは直接関係ない臓器の異常でも嘔吐症状が出ることもあります。
呼吸困難や腎不全、心不全、脳疾患、前庭疾患、てんかん様発作といったこともしばしば嘔吐につながる要因になってきます。
こうした慢性疾患は早期に発見することができれば比較的簡単に治療が可能ですが、重度に進行してしまうと一生ものの病気になってしまうこともよくあります。
気がかりなことがあったらその場だけで処理するのではなくきちんと獣医さんの診断を受けるようにしてください。
その際嘔吐や吐き出しが起こったときにどんな状態で、どんな時に起こりやすいかといったことをメモしておくと大きな病気発見のためのヒントになります。