1. >
  2. >
  3. ハムスターのペットフードやえさについて

ハムスターのペットフードやえさについて


ハムスターの飼育について

小さい動物であれば、飼っても良いよ。と言われて、ハムスターを飼いたいな。と考えたことがあるんです。
しかし、ハムスターは何を食べるのでしょうか。
よくわからなかったので、勉強をしたいと思い調べたことがあります。
まずハムスターのえさですが、主食とおやつがあると云うことを知りました。
ハムスターは雑食性で、なんでも食べるとのことです。
そのため、こちらが栄養バランスを考えて、えさを与えていく必要があると思いました。
ハムスターのえさには、ペレットと呼ばれているえさがあります。
ペレットとは、人工的に作られたえさのことです。

ペレットが主食になります。そして、ペレットを中心にお野菜や穀類や、
動物性たんぱく質が含まれたえさを、与えていくとよいでしょう。
ペレットは、栄養のバランスが考えられて作られています。
そのため、ペレットは欠かさず与えて、そのほかのえさもあわせてあげる。というのが良いと思いました。
お野菜を食べる。ということについて話をしましたが、
なんども与えて良い。ということではありません。

ハムスターに与えてもよいお野菜ですが、にんじんやさつまいもやキャベツや、
かぼちゃやブロッコリーやちんげんさいやこまつな、大根の葉っぱやとうもろこしなどです。
そして、水分が多いお野菜は下痢をしてしまうので、少なめにあげることをおすすめします。
水分が多いお野菜とは、トマトやきゅうりやレタスなどです。

ハムスターは種子が好物

ハムスターは、種子を食べます。

種子はハムスターにとって、とても嬉しい食べ物で、沢山食べてしまいます。
しかし、種子はカロリーが高いです。沢山与えてしまうと太ってしまいますので、
適量をあげる。ということを忘れないでください。
種子ですが、ひまわりの種や、ピーナッツや、アーモンドや、クルミや、ピスタチオなどです。
野草や牧草も、ハムスターは食べます。
タンポポ、クローバー、オオバコ、ハコベや七草でお馴染みのナズナなどを、食べることが出来ます。
動物性たんぱく質も、必要な栄養素です。
動物性たんぱく質ですが、ゆで卵の白身や、煮干しや、チーズや、ヨーグルトや、
お豆腐など、そのほかの食材でも問題ありません。
塩分の取り過ぎに気をつけましょう。そのため、煮干しなどを与える際には、少量で問題ありません。
また、動物性たんぱく質に関しては、毎日ではなく2日や3日に1回、少量を与えれば問題ないです。
果物を食べることも出来ます。

しかし、果物には水分が沢山含まれているので注意をしたいです。
ハムスターのペットフードについて、どれを選べばいいのか。悩むことがあるかと思うのですが、
いろいろなペットフードを与えると良いと思います。
バランスの良い食事をする。ということが大切なので、ハムスターの好き嫌いなども見ながら、
好きなペットフードを2つや3つ見つけて、順番にあげるなど工夫をすると良いと思います。
かわいいくて、元気なハムスターに育ってほしいですね。