1. >
  2. >
  3. 猫のえさの種類

猫のえさの種類


スコティッシュフォールド

猫を飼うには?

猫を育てたことがありますでしょうか。
猫といえば、野良猫もいますし、飼われている猫もいます。
猫を飼うことになったら、えさは何を与えたらいいのでしょうか。
猫のえさについて、考えていきたいと思います。
猫のえさですが、3種類あります。
ドライフードと缶詰と人間の食べものです。

人間が食べるものは与えない

人間の食べ物というと、栄養価も考えられていて、猫にとっても良いのではないだろうか。
と思うのですが、猫にとっては塩分の取り過ぎになってしまうことがあるので、おすすめは出来ません。
猫といえば、お魚が好物なのではないだろうか。と、
イメージをする方もいらっしゃると思うのですが、青魚は食べ過ぎると、黄色脂肪症の原因となってしまいます。
また、タコやイカに関しては、消化不良を起こしてしまいます。
そのほかねぎ類は、赤血球を破壊してしまう恐れがあると言われているのです。
そのため、むやみに人間の食べ物を猫に与えてはいけません。
人間にとってはよいものでも、猫にとっては危険なことがあるからです。
猫のえさの与え方ですが、猫も人間と同じように小さい時には少ない量しか食べませんし、
大きくなってきたら沢山食べるようになります。
人間が食べられるもので、且つ猫にも問題無い食事を提供できることがベストです。
(参考:http://somali-is.jp/basic/meal/

えさを与える量

猫の種類によってお、食べる量などが違いますので、
この猫の種類であれば、1歳の猫であれば、どれぐらい食べるのだろうか。という点について、
調べてからえさを与えると云うことが大切になってきます。
そして、決まった量をえさとしてあげますが、調節をしていく必要があります。
例えば、えさを催促されてしまうので、つい沢山えさをあげてしまった。
結果、猫が太ってしまった。ということでは、体調を崩してしまう危険性も出てきます。
その際には、こちらが催促をされても、決められた量以上は食べささない。
というように、調節をしてあげる必要があります。

かわいいペット、猫であれば、つい沢山えさをあげてしまうこともあると思いますが、
太らせないためにも、病気にならないためにも、調節をしてあげることが大切なのです。
もし病気になったことも考えて、ペット保険に入っておくこともお勧めします。
また、体調を見てえさを与えることも大切です。
無理に食べさせる必要もありません。
市販のペットフードにも、食べるえさの量が書かれていますので、参考にしてみてください。
2歳から4歳など、食べざかりの際には沢山食べますし、歳をとってくると、あまり食べなくなる。

という特徴があり、人間と同じだと考えれば分かりやすいと思います。

猫用フード

猫の市販のペットフードですが、いろいろなメーカーが出しています。
そして、どんなペットフードが良いのだろうか。と、なやむこともあると思います。
ペットフードに関しては、まず成長段階にあわせた、ペットフードを選ぶことが大切になってきます。
例えば高齢猫であれば、高齢猫にあわせたペットフードで、
高齢猫に多い病気になりにくいように作られたペットフードなど、
健康を考えて作られているペットフードがおすすめです。
含まれている成分などを、確認することをおすすめします。