1. >
  2. >
  3. めだかのペットフードの種類

めだかのペットフードの種類


メダカの飼育について

メダカを育てるためには、いろいろと知っておきたいことがあります。
せっかくメダカを育てるのであれば、元気に長生きをしてほしいと思います。
メダカはえさを食べますが、メダカにとってえさがあっていない場合、水槽がこけだらけになってしまったり、
水が白く濁ってしまったり、メダカが病気になってしまったり。といった事態が発生してしまいます。
上記の事態を発生させないためにも、メダカのえさについて、知っておくことが大切だと思いました。
まず、メダカが食べることが出来るえさについて、紹介をしていきたいと思います。
メダカのペットフードですが、人工飼料と、生きたえさと、冷凍えさといった種類があります。
人工飼料は、人の手で作られたえさですが、いろいろな原料が含まれており、栄養のバランスが考えられています。
人工資料について話をしていきます。

人口飼料

人工飼料ですが、いろいろな形があります。
はじめに、フレーク飼料です。
薄く小さな、紙のような形をしているえさです。
水槽の中に入れると、すぐに水に浮くと云う性質を持っています。
水の流れにまかれて、水中を漂ったあと、水槽に沈むという特徴があります。
1つの水槽で、いろいろな大きさのメダカを育てる場合に、便利なえさだと言われています。
小さいメダカも、大きいメダカも、好きな量を食べることが出来るようになっています。
また、水槽の上層部や下層部など、いろいろな所に広がるので、食べやすいです。
フレーク飼料ですが、消化吸収がしやすいというメリットもあります。
与え過ぎには注意をしましょう。

粒状飼料

粒状飼料です。
丸い粒上に固められており、小さいサイズのえさです。
水面に浮くタイプのものと、下層部に沈むタイプのものがあります。
そのため、水面に近くにいるメダカには、水面に浮くタイプのもの。
水槽の下層部にいるメダカには、沈むタイプのものが適しています。
水槽の真ん中にいるメダカが、えさを食べているのか。注意をする必要があります。
粒状飼料ですが、メダカにあげるために、小さいサイズのものを選びましょう。

生きたえさ

生きたえさとは、「ブラインシュリンプ」「アカムシ」「イトミミズ」などのことをいいます。
生きたえさですが、生きたえさしか食べない場合。人工飼料を食べない場合などに、活用をすると良いと思います。
栄養が偏ってしまうので、人工飼料もあわせて活用したいです。

もしくは、メダカを沢山増やしたい。という際にも、活用をすると良いです。
ブラインシュリンプやアカムシやイトミミズなどを、メダカは食べることが出来ます。

冷凍えさ

冷凍えさについて、紹介をします。
ジンコやアカムシが冷凍されたものです。生きたえさと同様、人工飼料を食べるのであれば、与える必要がありません。
冷凍えさですが、衛生面で安心をすることが出来ます。
生きたえさは、衛生管理が難しい。という際に、利用をすることのもおすすめです。
栄養の偏りがないように、メダカにえさを与える。
ということが、メダカにとってあったえさということになり、長生きにも繋がると思いました。