1. >
  2. >
  3. イモリ

イモリ


気軽に飼えるイモリ

1人暮らしをするようになってから、今まで家族と一緒に暮らしていたこともあり、
なんだか1人でさみしいな。と思うようになりました。
友人に相談をすると、ペットを飼ってみたらどう?と、提案をもらいました。

今までペットを飼ったことがありません。
気軽に飼うことが出来るペットは?と思って探したところ、イモリを見つけました。

イモリは、はじめてペットを飼う人にもおすすめの、気軽に飼うことが出来るペットとのことなんです。
さっそく私も、ペットショップに行ってイモリを飼ってきました。

では、イモリをどうやって育てていけばいいのでしょうか?

イモリの飼育について

まず、イモリを飼うための環境を整えましょう。

最初に水槽を用意しましょう。
水槽の中には、温度計を入れましょう。
後、イモリのお家を作ってあげると良いと思います。
水槽の中に、暗闇を作るということで、かくれられるスペースも兼ねて、イモリのお家を作ってあげてください。

温度計を入れますが、ヒーターなどは不要です。
部屋が異常に寒くなければ、問題ないと思います。

冬場は寒いんじゃないの?と思ったのですが、水温が冷たくても問題なく、イモリは元気に過ごしていました。

水草も入れてあげると、見た目もきれいですし、イモリも喜ぶと思いますよ。

イモリは夜行性です

イモリは夜に行動をする。という習性があります。
そのため、夜寝るときに電気を消すと、イモリが動き始めるんです。
イモリが脱走をしないように、対策をとっておきましょう。

水槽にネットをとりつけておき、イモリが脱走をしないように準備をしておくことが大切です。
夜に脱走をしてしまって、朝どこにイモリが行ったのか分からない。ということが起こってしまいます。
朝からイモリはどこに行ったのだろうか?と、探すのは大変だと思います。
また、どこに行ったのか分からなくなるのは心配ですよね。

そうならないように、脱走をしないようにきちんとネットをとりつけておきましょう。
また、えさをあげた後に、ついネットをつけ忘れる。ということもありますが、
その点も注意をしましょう。

イモリに何を与えればいいの?

環境が整ったら次はえさについてです。
イモリのペットフードなのですが、キョーリン・ウーパールーパー・イモリのエサが良いと思いました。
何をイモリは食べるの?色々と用意をしなくちゃいけないの?と、不安に思っていたのですが、
キョーリン・ウーパールーパー・イモリのエサは、難しく考える必要がなく、
簡単にあげることが出来るので便利なんです。

季節によっても異なるのですが、あったかい時期には10粒ほど。
冬など寒い時期には半分の5粒ほどあげれば良いんです。
そして、えさは毎日あげるのではなく、2.3日に1回ほどあげればいいです。

仕事で、生活が不規則だという人にも、毎日えさをあげる必要がないので、イモリは育てやすいのではないでしょうか?

イモリを飼い始めてから、特に育てる苦労をすることなく、また寂しい思いをすることもなくなり嬉しい限りです。